パフォーマンスを決めるほとんど。

パフォーマンスとして現れる殆どがカバーストックで決まる。

こう書いてしまうと、少々語弊があるかもしれません。

ABSのテスターとしてかれこれ数年(どれぐらいかは忘れました…)経ちましたが、如何にカバーストックが大事なのかは十分理解しています。

それもコアとのマッチングも含めて。

国外のボールも同じでありますが、特にABSテスターはナノデスシリーズに多くの時間と個数を使います。

私自身もナノデスを例にあげて話を進めたほうが説明もしやすい部分もあり、どのように一つのボールが完成するのか?

そのパフォーマンスの導き方を説明したいと思います。

ナノデスシリーズは全てのシリーズにおいて、すべてのボールに重なることのないパフォーマンスを求めます。

開発の始まりは2つに大別され、

①新しいコアの導入。
②新しいカバーストックの導入。

の二つから始まります。

①の新しいコアに関しては新しいコアが開発されたので、そのコアの純粋な性能を見極めることとなり、テストの段階で、以前使われたカバーストック等を使い、一つのコアで4種類ぐらいで始まります。

もちろんカバーストックとの相性も考えられるので、そのコアが本当に優れているのかどうかの判断は難しいものになるのですが、コアの数値は変わらずにカバーストックを数種類投球するうちに、そのコアが持つポテンシャルは見えてきます。

この取り組み方では、このコアだったら「どの領域のカバーストックが最大限活かせるのか」を吟味し、再度作り直しを行い、次のボールでイメージに近付けられることを行います。

②に関しては新しいカバーストックが抽出されたので、カバーストックの性能を見るテストになります。この方法も4種類ぐらいで、以前に使われたコアを使用し、①と同様にポテンシャルを見極める作業を行います。

もちろんこのカバーストックだったらどの領域が最大限活かせるのかは同じで、報告書でその旨を伝え、さらに作り直しを行います。

こういうふうに書くと、「大事なのはカバーストックではないのか?」と疑問視されるとは思うのですが、いくらコアの素材が良くても、それを活かせるカバーストックが必要不可欠であり、相性も含め、どの領域に納めるのかはカバーストックに委ねられます。

②に関して、新しいカバーストックが抽出されると、自ずとそのカバーの性能でパフォーマンス領域は限られてしまいます。キャッチ系のカバーであれば、いくらハイポリッシュしてもドライ用にはならず、その領域でどのように活かすのかが決まってしまうのです。

もう少し分かり易く書くと、モーリッチのEZLevコアのボールが二つで、一つはアキュライン7のカバーストックと、シュアライン(硬質ポリエステル)のカバーストック。

双方比べても投げる前から想像はつきますよね。

いくらコアテクノロジーが優れ、スピンタイムが早くても、その軸移動を助ける摩擦を感じなければボールは曲がりを得ることはできません。

極端ではありますが、そう考えると如何にカバーストックがどのようにリアクションに反映されているのかが分かると思います。

ボールに寿命があるように、始めはキャッチしていたものが、オイルや傷等の物理的変化でリアクションそのものが変化することは、表面の状態が変われば間違いなく起こるのです。

その原理を利用したものが表面加工であり、光沢を消したり、光らせたりでリアクションを好みに合わせるということになります。


話は前に戻り、では①と②の双方が同時に出来上がり、良いとこ取りで素晴らしいボールが出来上がるのか?

答えは否です。

全てが否ではないのですが、時にそのカバーストックのパフォーマンス領域とコアのパフォーマンス領域が偶然にも合う時があるのです。

そういう特殊な部分では十分期待できるものになる可能性は秘めています。

アキュラインシリーズを始め、ABS国産ボールは日本エボナイト工場で生産されています。

アキュラインのテストボールを作成する際にも、その出来上がりを試投する人が存在をしています。その人が我々に届く前に投球し、我々が求めている開発コンセプトに見合うだけのパフォーマンスが出ているのかを確認してから、我々の手元にテストボールとして届くようになっています。



ボールの寿命はメンテナンスを施さないと約100ゲーム程で確実に劣化します。

一投一投投げたらトラックエリアのオイルは綺麗に拭き取り投球することと、投球後のオイルや汚れを取ることは欠かさず行うべきでしょう。

そうしても劣化は伴いますので、パフォーマンスを保つ為の表面加工も視野に入れながら用途別に使い分けることも考えなければならないでしょう。

新しいボールは確かに曲がりにおいてもピンアクションにおいてもバツグンな性能を出します。

しかし常に新しいボールを追いかけるのには金銭的な負担がかかります。

少し古くなったボールを表面加工を施しながら、使える領域を探すのも良いと思います。
[PR]
by star_blog | 2010-01-06 15:28 | 日記
<< 自分自身をしっかりと見据えること コンディション変更です。 >>


平和島スターボウルのスタッフブログ
by star_blog
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
日記
アドバイス
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
チモトコーヒー。過去にプ..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
☆7月のプロショップ情報☆
at 2017-07-09 21:50
☆告知☆
at 2017-05-18 17:18
ゴールデンウィーク開催トーナ..
at 2017-04-29 14:53
☆契約記念バーゲン☆
at 2017-04-15 19:17
~2月のプロショップ情報~
at 2017-02-16 17:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧