「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧
夏休みももう終わり。

あっという間に過ぎていく毎日。

明後日から短かった夏休みも終わり、学校が始まります。

この夏休みにどれだけのことができるかと思っていましたが、追われる日々を過ごしただけ…。

自分の能力をどれだけ伸ばすことができたのでしょうか?

過ぎてしまった時間は取り戻すことはできませんが、また今日から来年3月までは「とにかく努力する。」

ただそれだけです。



ここ最近、数日前に「あ~こんな感じだったかな?」というイメージを呼び起こせてから、意外と投げた感じは良い。

呼び起こせたという表現なのか、好不調の波の中で生まれてでてきたものかは自分でも判断はできません。

もしかしたら、「きっかけ」というものが以前に試すことがあったのであれば、不調期間を短くできたのか?

それも含め、そういうものが好不調をコントロールさせているものなのか?

非常に難しいお題であります。

私のように修正と言われる技術系の要素が強ければ積み重ねた結果の中で、違う技術を良しという方向に導いてしまうことも考えられます。

技術そのものが変わらず、平行線を辿っている状態でのきっかけによる好不調の波。

機械のように常に一定の動きを見せることのないヒトのすることだからこそ、機械のように「それ以上、それ以外ない」動くからこそ、良くもなるし悪くもなる。

その曲線が新たなる感覚を導き、機械にはない進化や進歩、向上がある。

もし機械が一定の動きから外れ自分の意思で動こうとした時、その究極のかたちは人間より優れるのだと思います。

人間が機械を作る限り機械の限界はありますが、その機械が機械を作ろうとしたとき、人間の曖昧な感覚さえも凌駕する動作がでることでしょう。


さて書き始めたのですが、これからこの文章はどうまとまっていくのでしょう?

書いている自分が何を書いているのか分からなくなっています。


まぁ、強引にまとめるとするならば、途中の過程は省き、好不調があり、そういうものがあるから、また思うようにいかないから面白いんだ。

と言うことと、微調整という曖昧な感覚を持っているからこそ、その中から色々なものが生まれる可能性もあり、それが良くも悪くもなるし、技量を上げられる要因にもなる。

ということでしょうか。




え~と、これからの時間は、このあとダブルスリーグで。

いつものように時間は流れていくのであります。
[PR]
by star_blog | 2010-08-30 19:26 | 日記 | Comments(0)
9月のコンディション作成。

私の仕事の一つであるコンディション作成。

来月はどのようなコンディションにしようかと色々プランをたてていましたが、下記のようになりました。
b0097279_16324177.jpg
b0097279_16331478.jpg

平和島は多分フランチャイズとしてはオイルは多いセンターとして分類されるでしょう。

総オイル26mlを少し超えたぐらいの量になります。

平和島はオイルが多い?と噂されているようですが、朝から夜までコンディションを長い時間持続させなければならないことと同時に、現在発売されているボールの性能、ボウラーの育成に纏わる全てのタイプにも対応可能なコンディションであることを前提に考えると、どうしてもこれぐらいのオイル量になることは避けられません。

コンディションを組むときに必要となるのはどれくらいなラインを基本として投げさせるか?でしょう。

意外と勘違いされやすいのは、ただ単に速くすれば良いと思われること。


逆効果的な考え方を例に挙げると。

外目のオイルを多く入れることで外目が速く感じる。

その速い外目を避けるように中目のフィニッシュするところを基準として投げ始める。

結果としては外のオイルを残したまま、中目中目にどんどん削られていく。


ワンデートーナメントとかではこういう調整も有りだと思うのですが、限られたオイルを有効に使うことを考えた場合、ある程度外目を見させ、そこからスタートさせたほうがコンディションの保ちは全然違ってきます。

要はバックエンドの位置を何処で取らせるかの問題で、曲がるタイプであろうが曲がらないタイプであろうが、その位置が外目にあればある程、それに応じてコンディションも保ちは良いということです。

それと同時に2番目に大切なミッドエリアのオイルをどれだけ盛るか。

コンディションの変化は3つの要素に分けられ、

①手前のオイルが薄くなる 
②ミッドエリアのオイルが薄くなる 
③バックエンドのオイルが薄くなる

と区分できるでしょう。

コンディション次第で変化も色々なパターンがありますが、ほぼ多く見られるのがバックエンド手前で「ボールが折れる」パターン。

リアクションにおける「スキッド」・「フック」・「ロール」部分での「フック」の状態時です。

このフック状態時でオイルが薄ければ手前で折れる状態になり、ポケットまでの入射角から大きく外す原因にもなります。

そのバックエンドまでのミッドエリアのオイルが長い時間(投球数が多くても)安定した状態を保てるのであれば、コンディションは長く保てることにもなるし、数多くの人がほぼ共通したバックエンドを使えることになり、コンディションの安定も早くなります。

ただこの難点はコンディションの変化に乏しい部分もあり、今まで作り上げてきたコンディションのデータをもとにしながら、どれぐらいの頻度で変化をさせるのかを調整しなければなりません。

ただイージーに打たせるだけでなく、また掴み所のない難しいだけのコンディションにするのではなく、相調和できる境界線が難しいところですね。

はやり理想は曲がるボールから曲がらないボールまでをラインを変えて投げられるのが理想であり、一つの目安としては、

「リーグや大会前の練習やそのリーグや大会後の練習を投げる気になるかどうか」

また「練習しようと思わせる意欲を湧かせられるかどうか」

そう思って頂けることがお客様にとっても我々運営する側にとっても双方にメリットがあるということであり、根本はここにあると思っています。

あらゆるボウラーを想定することにより、ボウラーもまた複数な入射角のラインを各々のレベルで攻めることになるでしょう。

その過程を経ながら、自分に足らないものを導き出し、次なるステップへと進めることのできるコンディションを提供する。

課せられた使命は簡単ではない。

しかし以前と比べ自分なりには旨く投げられてきているのではないでしょうか。

すぐに答えがでる仕事ではないが、続けることに意義があり、何よりも振り返った時に「コンディションに育てられた」と思って頂けることが私達の理想です。



こう偉そうに書きましたが…。

急遽子供達が現われ、今度はボウリングだと…。
b0097279_1833232.jpg

あなた達にはコンディションは関係ないね。
[PR]
by star_blog | 2010-08-28 18:05 | 日記 | Comments(0)
こういう時は良いんですよね~。

今日も午前中から子供達とプール…。

当初の予定はナンのその。

やはり夏休み中私の個人プレーは制限され、「引率に回ることが多かった」という夏休みの感想になりそうです。

しかし勉強の進み具合はハッキリいってやばい…。

夏休み後のテストの勉強も全然だし、かなり遅れを取りました。

まぁ、これもしょうがね~かな。

日焼けだけは順調に進んでいる私であります。


やぼったい髪の毛も切って、今日は出勤と同時に「さ~投げるぞ~!」と久々に練習モード全開!

私のやる気とは裏腹に、お客様は一杯。

いつも感じるこの挫折感は何なのだろうか…。

どうして人がやる気になっているといつもこうなんだ!?



タイミングが悪い?



それ以外何ものでもありません…。



約1時間ほど経ってから投げました。


自分の中で試したいというか、昔はこんな感じだったのではないかな?

っとイメージを膨らませていたんですよ。

投げてみるとかなり感じは良い。

そうそう!こんな感じ!

って思い投げていたんですが、「思った以上に手前からボールが動いている」っていうか、コンディションなのか自分のパフォーマンスなのかが今ひとつ分からなくなって…。

多分良過ぎるのだろうという判断と、このボウリングを常に追いかけると、投げたイメージはここ最近の中で1番なんだが、かなりオイルを感じないと使えるボールが少なくなると感じました。

一番良いのは、このボウリングを目指しながらスピードアップを目指し、転がり感とスピード双方でマッチさせることが考えられるところだが…。

ここでそれを判断するのではなく、次回またこのようなボウリングのイメージが保てるように出来たら次を考えるかな?


競技という特別な”枠”ではなく、スポーツ全般に言えるのは技術への探求心というか、「上手になりたい」向上心かな?

それがなければ新たなる感覚を追い求めることもないし、何処かで割り切ることでしょう。

旨くなりたい向上心は、今日始めた人もプロである私でも一緒。

その中に技量・技術云々関係なく、今あるところから先へ進みたい気持ちは変わりないんですよね。

追い求めれば求めたなりのものは「進むべき方向」が変わらなければ得られると思うし、技術はそのときそのときで得られたもので方向性は変わっていくもの。

だから全ての人はすべて同じ技術を持ち合わせないし、身体的能力や特徴によって個性が生まれる。

ボウリングでいうと「ボールを回転させる能力」は共通したポイントはあっても回し方一つでもそれぞれ個性がありますよね。

取り組み方は始めは同じでも、個性によって枝分かれされていく技術。

追い求めるということは、そんな自分なりに得た技術や技量を自分なりに温めた感覚の中でさらに枝分かれさせていくことなのかもしれませんね。
[PR]
by star_blog | 2010-08-27 17:57 | 日記 | Comments(0)
一段落しました。

出勤してからコメントを撮りに5階へ。

一段落。


昨日のリーグで意外と思うように投げられ、最終ゲームを残し3Gで730点ぐらいだったのですが、あっという間にミッドエリアのオイルを感じなくなり、バタバタとラインを調整しているうちに…。

最終ゲームは15点台…。

そのゲーム中に考えられるものは全てやってみたのですが、出せないし、絞れないの連続。

段差が凄く激しいラインでハマってしまいました。

でも同じボックスで投げている人はパーフェクトを達成し、ボウラーのタイプとボールでこれだけ差が出るのを感じるのも久しぶり。

リーグが終わった後練習をしながらアジャストしてみましたが、これと言った答えは出せませんでした。

ポケットまでは何とか持っていけるものの、10本にしようと思ってアジャストするところが今回は難しかったところ。

角度をつけようとするとミッドのオイルのない部分に触れることになり、絞っても飛ぶ角度には入れられませんでした。

でも安易に飛ぶイメージのラインで投げても面白さはなく、何とかしながらラインを取る感じのコンディションだと誤差が結果として現れることになり、勉強になりました。

それにしても急激に変わってしまったように感じられたのは、最近ではない経験だったと思います。


午前中は子供達をプールに連れていき、またまた日焼けをしております。

小さいプールなので私はプールサイドでこども3人を監視。

なかでも一番下の伊吹。

溺れて沈む瞬間を冷静に「沈んでいく」と見た瞬間、パッと飛び込み、抱えあげた瞬間のスローモーション現象も体験しました。

立って背の届く深さではあるのですが、「溺れる」という時は「こう溺れるのだな」というのをあらためて感じました。

まぁ、私からすれば溺れるのも経験であるし、楽しさもあれば怖さもあることを知ることも必要だと思っていますし、使い方や遊び方によっては痛い思いをすることを経験するのも子供達には良い経験。

怖さを知ることによって限度を知ることになるし、その境界線を覚えることができます。

私は大学で働いている時、山の怖さも海の怖さも知りました。

いくら設備が整っていても、必ず事故が起きるのは何にでも言えます。

私は子供達の身を守る手段は親が全てを見守るのではなく、子供達自身が自己防衛手段を覚えることだと思っています。

その手段が分かるまでは私達がサポートすればいいと思うし、良い悪いの境界線を自分で引けるようにすること。


「ありがとう」と「ごめんね」を素直に言える子供にする。

これから子供達は多くの人に支えられて大人になっていくことでしょう。

私達夫婦が子供達につけた「優介」「陽介」、「伊吹」はちょっとニュアンスは違いますが、「優しく」「陽るい」ヒトに育って欲しい…。

その本当の意味はあとどれだけ経ったら子供達自身が感じることなのか

それでもまだまだ私達の手がかからない年頃になるまで時間がかかりそうです。
[PR]
by star_blog | 2010-08-25 18:32 | 日記 | Comments(4)
毎日暑い日が続きますね。

今年の夏は例年より暑い?

今日は猛暑と言うよりは、毎日が猛暑。

エアコン設備がどうしても必要になりますね。

勉強中はどうしても暑さに負け、集中できないのでエアコンを効かせ、寝る間は体がダルくならないようになるべく自然の風にあたり寝るようにしております。

とは言うものの、倒れ込むように寝るので、暑さはあまり感じないんですよね。

もちろん暑さで目を覚ますことはありません。

しいて言えば、お風呂に入る事が増えたところでしょうか。

まだまだ暑い日が続くようですので、皆さんも体調管理には気をつけましょう。


さて火曜日はレッスンからリーグ。

今日は12名参加でしたが、どうしても時間配分がうまくいきません。

投げている方には2時間あればお腹一杯投げられると思うのですが、チェックポイントを見つけ修正点やアドバイスをして回るにはそれなりの時間は必要になります。

せっかくレッスンに来て頂いたのですから、できるだけ有意義な時間にしてあげたいという気持ちとは裏腹に、時間だけが過ぎていきます。

受講者にとっては2時間みっちりレッスンと言うよりは、自分で考え、自由に投げられる時間ももちろん必要であるだろうし、私も出来るだけ多くの道しるべを残したい。

その時間配分のバランスが大切ですね。

「多くの人に来て頂いて本当に嬉しい」気持ちと、一人ひとりに時間をかけられなくなるジレンマと戦っているのであります。

毎週大体10名前後でしょうか。

人が集まらないレッスンもあると聞きますが、私は幸せですね。

だからこそ有意義な時間にして、ステップアップの足がかりにして欲しい。

「レッスンに来て良かった」という気持ちを持って頂く事が、何より私には大事なこと。

もっと有意義に過ごして頂ける様、取り組み方を工夫しなければならないと痛感を致しました。


今日これからは夜のリーグがあります。

仕事の時間は限られますが、その時間内で出来る仕事に取り組み、少し早めの夕食を摂り備えたいと思います。
[PR]
by star_blog | 2010-08-24 18:22 | 日記 | Comments(2)
撮影も終わり。

予定通り、来月発売のボールの軌道ビデオの収録を終えることができました。

あとは今週中にコメント撮りまでいければ一段落。

ボウリング自体はあまり良いとは言えませんが、これ以上どうにもできないので、自分ができる範囲内でこなすしかありません。

もう少しで何とかきっかけがつかめそうな感じがするのですが、その「もう一つ」が意外と難しいもんですね。

良い部分と悪い部分が共存することは「良い悪い」を判断できる材料でもありますが、フラストレーションを貯める要因にもなります。

でもこういう時は「時が解決してくれる」ぐらいの気持ちが必要なのかもしれませんね。

トーナメントに参加していた時も、よくこういう状況がありました。

「次のトーナメントまでに少しでも良い状態に」と思い、焦り、押さえなければならないポイントを飛び越そうとしながらやっていたことを思い出します。

リリースのイメージが悪いと思ってその部分で修正をかけても結果はあまり変わらず、そのリリースまでの過程を考えることができれば、意外とすんなり出てくる場合もあるように、残された時間と焦りが思うように修正をかけられない原因となる場合が殆どと言えるでしょう。

そこから考えると、私の場合は特に時間的な制約はなく、「いつかは変わるであろう」安易な気持ちでいられる分だけ、もしかしたら他の人よりも深みにハマらないのかもしれませんね。

あまり長い時間ではありませんが、今までボウリングをしてきて、言えることが一つあります。

それは「自分にとってのウィークポイントであるものは長い目をみて修正すべき」です。

自分の感覚と今ある体勢はかなり誤差がある可能性が高く、ビデオを撮ったりして第3者的な目線で自分を見つめることができれば、イメージとどれだけ違うのかを目で認識することができるでしょう。

私の近々、後ろからの目線でははなく、横からの目線でビデオを撮り、自分の感覚と実際の動きがどれだけ違うのかを確認しようと思っています。

どのレベルであっても、どの作業を行うにしても、結果は大体同じ事をするのです。

まずは自分がどうなっていて、どのようにしたら良い方向に向かうのかを確認する。

ボウリングも含め、技術に完了形がないのであれば、今何をしなければならないのか?を知ることが大切ですね。
[PR]
by star_blog | 2010-08-23 19:16 | 日記 | Comments(0)
撮影用のボール準備。

月曜日に軌道ビデオを撮影する為、比較対象ボールの準備です。
b0097279_1064560.jpg

グリップロック発売当初からそのシステムにシフトした為、投げるボールはグリップロックへと換えていきます。
b0097279_1065826.jpg

現在使用しているソリッドは1-1/4。その外径を1-3/8にサイズアップする作業を行い、
b0097279_107742.jpg

これでロックさせる土台となるアウターの径でドリルが完了。
b0097279_1071791.jpg

気をつけなければならないのは、最終の仕上がり状態でインナー+アウターの身の厚さ分だけ測定をしておき、線上にドリルしなければならないこと。

見て分かると思いますが、私はボールペンで線を引き、その線上にドリルする事を心掛けています。

始めの長さの計測だけ間違わなければ、ボールペンのほうが長さがピッタリ整います。

そしてここからロックとなるアウターの土台を「ボールに書いてある黄色の線」と「アウターにつけてある線」と各々線上に咬み合うように上から叩いて入れます。

意外とグリップロック作業の一番の難しさは、このアウター入れ込み作業が一番難しいですね。

方向が変わってしまえばそれに伴いインナーのロックされる方向も変わってしまうので、グリップロック本来の「サムを入れ替えられる事による統一のフィット感」を得られなくなります。
b0097279_1072911.jpg

打ち込みに際し、ボールに接着剤をつけて、方向を気をつけ装着完了。
b0097279_1074360.jpg

インナーを入れて回して、
b0097279_1075213.jpg

ロックして完了です。
b0097279_10842.jpg


ボールのフィッティングはサムの削り方一つでかなりイメージが変わってしまいます。

新しいボールを作るとどうしてもサムの調整が必要不可欠になりますが、このグリップロックならばサムは同じものを使うので、初めからサムの調整が必要なく、どのボールも同じフィッティングで投げられることが利点です。

インナーを外したときに少し不恰好なボールになりますが、ボールバランスにも問題はなく使う事ができます。

ドリルから装着まで、ポイント・ポイントで少し特殊な技量が必要になりますが、慣れてしまえば問題は全くありません。

サムのフィッティングに神経を使われている方は試されても良いと思います。
[PR]
by star_blog | 2010-08-22 10:38 | 日記 | Comments(0)
家族と共に。

昨日は仕事を休み、一日家族と共に過ごしました。

夏休み前、子供達の成長と共に運動量も増え、妻一人で大変な思いをしているのを助ける意味も含まれています。

それもそのはず、午前9時からの野球の教室へ行き、終わるのが10時30分。

その後プールに出かけ、お昼過ぎまで。

車で移動しながら子供達に昼食を食べさせ、14時30分からの体操教室へ向かいました。

帰りの車の中では「お腹が空いたよ!」と叫んでいましたが、自宅に帰るまでに子供達は熟睡。

妻と二人で寝ている3人を5階まで抱いて運び、子供達はとうとう朝まで目を覚ますことはありませんでした。

私は野球教室中、炎天下で素肌をさらした後、子供達とプールに行ったもんだから一気に日焼けをし、追い討ちをかけるように今日の午前中のプール。

久しぶりに日焼けというものを味わいました。

とは言うものの、その後の机に向かっている時間の辛いこと…。

少し休むはずのストレッチがそのままフローリングで寝てしまい、またまた進むことができませんでした。

今日帰ってから少しでも挽回せねば!と毎日思っているのですが、なかなか思うように…。



出勤してから上司に御叱りを受けまして、ショップ内の整理を人手をかりて致しました。
b0097279_19144294.jpg
b0097279_19145253.jpg

2枚目の写真はショップ内にあった私のテストボール。

すんなり収まっていますが、この約60個がショップ内にゴロゴロしていた訳ですから、そりゃ~怒られますよね。

あとは事務所内のこれを遥かに上回る量のボールをどう整理するか…。

もう行き場はありません。

本格的な仕分け作業がすぐそこに来ているということですね。



おかげさまで昨日のうちにABSから発売されるボールのレポートが終わり、今日修正のレポートも終わりました。

後は週明け月曜日に軌道ビデオの収録に入り、その週のうちにコメント撮りまでを済ませれば一段落するでしょう。

意外と多くのボールをテストしてきて、あと数ヶ月分まであると思ったのですが、手持ちの発売前のテストボールも少なくなってきていると言うことは、そろそろ色々と送られてくる時期であることが予想されます。

届く時が1つの時もあれば、一気に4個が2週に渡りきたり、まぁあまり先が見えない状態でもあります。

それでもパフォーマンスを調べる作業は常に同じであるわけで、段階を飛ばすこともなく、ただ黙々と行うだけであります。

ABSのテスターは数人いますが、他の人のテスト結果は1度プロジェクトマネージャーに集められ、その後最終テストを平和島でプロジェクトマネージャーと私で行います。

ポリッシュしたり、サンディングしたりより良いパフォーマンスを求める為に考えられる作業は全て行います。

全ての工程において合格点に満たないボールは作り直しの対象になり、作り直しのボールを待つ間、他のボールのテストも次々に行われていきます。

ロスがないのは、一つのボールを常に仕上げるのではなく、発売月の近いボールから順に仕上げていくため、生産ラインに載せるボールの期間に余裕があるボールは最終段階まで色々と試せることが良いこと。

半年も前に発売されるボールが手元にあったり、最後の最後ギリギリまで作っているテストボールもあるわけですから、優先順位ももちろんあるわけです。

ショップも綺麗になったのは良いのですが、後でどのボールが何処にあるのかを知っておかなければ、ボールが何処にあるのか分からない状態であります。


後はこの綺麗さを何処まで維持することができるか?

「…」。
[PR]
by star_blog | 2010-08-20 19:38 | 日記 | Comments(0)
奮闘中であります。

昨日のABS本社からのメールの通り、本日は来月発売ボールのレポートに従事しています。

やっと一つのレポートは完了致しましたが、まだまだ先は長い…。

開発コンセプトとして打ち出すものをどう表現し、比較対象ボールも含め前後・上下を含めた性能を文章で表すのは苦労するものです。

なんと言うのでしょう、意外とすんなりと書きあげられるものもあれば、かなり苦労をするボールもあります。

こうやってブログを更新している間でも「どういう風に表現するか?」とか「どのような表現がしっくりするか?」等を考えながら思いついた事をブログに書き上げていく…。

私のブログは急展開したり誤字脱字が多いのも、今日のように気分転換に書いているときが多いので、時には理解し難い表現も含まれてしまうのですね。

読んで頂ける方には本当に申し訳ないと思いながらも、いつも「読んで頂く」方向性よりも、「本日の徳江の状態」日記になってしまいます。

書きたい文章があれば、これまた書きたいもの、書かなければならないものの下準備をして更新をすることになるわけですから、こうしてなんの脈絡もない文章は気分的にも楽?と言っては失礼になりますが、私個人の自分勝手な思いから頭に思い浮かんでくるものをただ文章にしている、本当に失礼な状態であります。

今の私の一日の行動パターンから考えると、この仕事を家に持ち帰りすることはできません。

ハッキリこれでも家での時間も足らないぐらいです。

今日の朝4時ぐらいまで自分の中では頑張っていましたが、さすがに朝はキツイ。

集中的に頭のなかに叩き込んだとしても、やはり抜けるものも多い…。

カウントダウンのように一日はすぐ進み、自分の中で無理かな~と思うタイムスケジュールをこなしながら家で過ごしていると、はたして成果はどのように表れるのか?

こう思うと、もう少し前から真面目に勉強をしていれば良かったと、今更ながら後悔をしています。

まぁ、昔の私と違って今は自分の勝手な解釈でポジティブにかんがえられるようになっただけ、大人?になったということでしょうか?


今日は午前中子供達をプールに連れて行っただけで、少し日焼けが痛い徳江であります。
[PR]
by star_blog | 2010-08-18 17:44 | 日記 | Comments(2)
最近になって。

ここ最近になって知り合いのブログ立ち上げが増えています。

連鎖というのでしょうか、一人のブログを見つけるのと同時に他の人のブログも見つかる訳で、サッカー小僧さん甘闘ボクサーさんリョウあ然さんファルコンさんJoyさんなどは程よく私に近い存在であります。



そんなこんなでパソコンを立ち上げた段階で立ち寄る場所が増えたというか、一つの楽しみになっています。


一気に話題はボウリングに変わり、今来月発売予定のボールが分かりました。

今日は多分無理ですので、明日からは本格的に特性レポートに取り組まなければならなくなりました。

ということは、明日ドリルしようと思っていたボールもレポートの仕事が入ったことを考えると今日中のドリルが好ましく、夜のリーグまでの時間を考えるとそんなにゆっくりしている時間もなくなりました。

またそのメールの内容に、既存で送られてきているテストボールを要綱に従い再テストの依頼も含まれていました。

全部の要素を加味した上で今週中のタイムスケジュールを組み、「どの日にどのようなことをするのか」を考え行動に移すかを見出さなければならなくなりました。

しかしまず優先順位からするとドリルであり、その後に特性レポート、その後にボールテストいう順になるでしょうね。


早速ABS本社とボールとスペックについてのメールのやり取りが始まりました。


中途半端ですが、今日はこの辺で!
[PR]
by star_blog | 2010-08-17 17:51 | 日記 | Comments(2)


平和島スターボウルのスタッフブログ
by star_blog
カテゴリ
日記
アドバイス
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
お気に入りブログ
最新のコメント
神太郎と言います ボ..
by jkdshoorolabcjjmn at 21:18
またレッスンに行きたいな..
by ひろし at 21:17
ヒロシさんへ それもボ..
by star_blog at 16:21
ミスマッチなボウルでライ..
by ヒロシ at 15:23
新しい事て大事だもんね(..
by ひろし at 00:04
初めての投稿となります。..
by 球の性能についての質問 at 18:41
初めまして。大阪の一介の..
by 初めて投稿させていただきます。 at 02:22
初めまして。大阪の一介の..
by 初めて投稿させていただきます。 at 02:22
開発責任者の方に、お話し..
by ライジング at 00:20
ライジングさんへ コメ..
by star_blog at 17:21
久し振りにブログを拝..
by ライジング at 23:41
こんにちは、またブログ覗..
by マルベリー バッグ at 05:18
同じダイナエース クラブ..
by セントリピタルコントロールコア at 19:06
匿名なのに、私には誰だか..
by グッチ 財布 at 09:27
町井さんへ こんにちは..
by star_blog at 14:05
まだインフルエンザでなく..
by 町井 at 00:12
なにがしさんへ。 コメ..
by star_blog at 17:45
町井(実はりょうこです)..
by star_blog at 14:43
ご無沙汰してますm(_ ..
by 町井(実はりょうこです) at 22:54
あおいさんへ 遠い距離..
by star_blog at 19:20
メモ帳
最新のトラックバック
チモトコーヒー。過去にプ..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
最新の記事
~2月のプロショップ情報~
at 2017-02-16 17:54
Blogは共有になりました。
at 2017-01-09 16:02
ジャッカルLE到着!
at 2016-09-23 16:47
MOTIV 謹呈ボール ジャ..
at 2016-09-21 09:32
まだこちらはリニューアルされ..
at 2016-07-04 12:26
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧