<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
練習の中に取り入れるもの。

今私はトーナメントに参加していませんが、その当時やっていた練習というか、取り組んでいた方法を書きたいと思います。

まぁ、所詮私レベルですので、「参考に出来そうだ」とか、「取り組んでみよう」と思われる方は実践してみてください。


「練習」と一言で表現するのは難しいのですが、私がここで主に紹介したいのがメンタル面です。


個人的に行う「練習」と「大会」での違いは?

もちろん成績で順位が決まるという部分で違いはありますが、なんと言っても違うのは「その場の雰囲気」でしょうね。

緊張がもたらす精神的な不安定は、物事を冷静に判断できない状況を作り出し、タイミング等自分が常日頃持ち合わせている感覚さえも狂わせてしまう要素です。

普段から汗をかかない人も汗をかくようになり、湿り気によるサムのリリースの不安定さだったり、テープが剥がれやすくなっている状態での違和感だったり、「そう言えば、そういう事もあったな~」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

「その場の雰囲気に呑まれる」

良く使われる言葉だと思います。


ではどのようにしてその状況に追い込まれるのでしょう。

自分に対しての自信だったり、観客の多さだったり色々ありますが、まず間違いなくその状況に追い込まれたものに足りなかったものは「慣れ」だと私は思います。

「場数を多く踏む」

これは最たる良く使われる言葉で、これほど的確な表現はありませんが、ここで終わらせてしまったら紹介するどころか不明瞭過ぎますよね。


さて本題に入りますが、練習の中にどのようにそのような経験値を導きだすのか?

それは「集中のON・OFF」とルーティーン、メリハリのある「ゲームの組み立て」だと思います。


人間は常に集中していることは難しく、「入れては切って」を繰り返さないと長いゲーム数を組み立てることはできません。

練習中であってもアプローチに立った瞬間から投球までをONとし、人との会話やコンディションの読み、アプローチに立つまではOFFという習慣を常に練習に取り入れる必要があります。

私が言う「アプローチに立つ」という意味は、それまでにコンディションの変化やライン取りなどはすでにその前に組み立てられており、迷いもなくスタンディングやスパットの方向性は決めてあるということ。

人は長い間ONの状態ではいられません。ですのでなるべく集中している時間を短くし、集約させるほうが望ましいでしょう。

その為に余分な思考回路を使わずに、迷わないことが重要だと思います。


2つめに挙げたルーティーンは、常日頃から練習の中で投球までの流れを作ることにより、投球までを一つの流れとして組み込むことでもあります。

余計な動作や流れが変わることによる集中できるプロセスまでに、余計な負荷をかけないようにするためです。

相手がいる競技ではありませんので、一連の動作の流れは一定にすることは可能ですし、意識すれば自分なりの流れは出来るでしょう。

しかし集中するがゆえに、アプローチに立っている時間の長さには気をつけたいものです。


最後にゲームの組み立て。

多分ここが今日の一番のメインで、例えば練習を10Gしたとしましょう。

その中でメリハリをつけるゲームを3回設ける。

そのゲームとは「実際に大会に参加している雰囲気を自分自ら作り出すこと」。

この1ゲームは周りの雑音や雑念をシャットアウトし、如何に緊張した自分を自らに作りだせるかが鍵です。

ここで注意したいのは、結果が途中で悪くても先送りにしないこと。

ミスや失投は必ずと言って良い程大会中に現れます。そこで「練習だから」という気持ちや自分本位に集中しようとしたゲームをリセットしないこと。

どのような状況であっても、大会中は投げ直しが利かないのは当たり前なのです。

リセットするのはポジティブにリセットする「忘れる」ということであって、このときに必要なのは大会と想定し、如何にその状況を打破するかなのです。

そういう練習に慣れてくると、ただのゲーム途中に「次の一投は絶対にストライクを!」とか、メリハリを付けられるようになります。

そういう練習を効率良く出来ることにより、いざその場の状況になったとき、間違いなくそういう練習を取り組んでいなかった人との差は浮彫りにされると思います。


「練習中に上手く投げられるのに大会では上手く投げらない」

それで邪魔しているのは心の問題です。


練習とは自分の技量を高めることと同時に、自分の技量を支えられる心を持たせるトレーニングの場でもあると私は思います。

「場数を多く踏む」多くの人は、自然とその雰囲気に慣れたということが自分の技量を支えている心の安定さに繋がっていることでしょう。

高いレベルで多くを経験することは難しいですが、自分の経験値をもとに想定できる大会の雰囲気つくりを模索することはその人レベルで可能だと思います。


その自分の模索したレベルでの雰囲気より超えた緊張の経験は忘れることなく、次の練習の雰囲気作りになるし、それを繰り返すことにより、「慣れ」を作れるのではないかと思うのです。



ちょっと伝わり辛いかもしれませんが、「こういう練習方法もなるのかな~?」程度に取り組んでみても面白いかもしれませんよ。
[PR]
by star_blog | 2011-06-26 16:13 | 日記
検証を行いました。

サンプルのボールが届いていましたので、タイミングを調整しながらパフォーマンスの確認をしました。

単刀直入に「良いボール」でしたよ。

ミッドエリアでの安定感もあり、派手に切れ込む性能ではありませんが、曲がりが読みやすいというのが印象です。

見た目以上にキャッチ感があり、検証するにあたり前回サンプルのボールとの比較が必要でしたが、私はほぼ同等のイメージを持つことができ、このまま生産ラインに乗せても大丈夫なぐらい、性能は良かったと思います。

まぁ、あとは開発コンセプトにどれだけ沿ったものなのか?

さまざまなセールスポイントやどのようなボウラーに使って頂きたいものなのかを協議した結果、発売が決まります。

大切なのは「如何に多くの人達に私達が感じた性能を伝えられるか」でしょうか。

ABSのテスターはボールが曲がる人から私のようなタイプまで居て、各々一つのボールに対してどのような性能を感じたか報告の義務が課せられます。

その段階でどのようなタイプには違ったイメージを感じたのか? 把握する必要があります。


作り直しをしたり、発売しなかったボールも多くありますが、多くの選択肢の中でも納得のいくボールをリリースする。

選択肢が多ければ可能性も高くなる傾向もあり、一つのボールでも一発OKのボールまでありますが、今回のボールもかなり期待できそうです。
[PR]
by star_blog | 2011-06-25 18:21 | 日記
スマートフォンに移行しましたが…。

衝動買いではないでのすが、昨日発売された「GALAXY SⅡ」。

「予約はしてませんが、ありますか?」

なんて電話したら、「ありますよ~。」

なんて返事を頂いたので、買いに行ってしまいました…003.gif

手続き等で1時間ほど待たされましたが、使ってみると、まだまだ分からないものばかり…。

いやいや、この携帯いじっていると時間の過ぎるのが早そう~041.gif

設定等はある程度済ませましたが、今日は持込みのドリルのお客様がいたりで、この時間までバタバタしておりました。

先日このブログにも登場した「ファルコン」さんは私の学校時代のクラスメイト。

コメント欄にリンクも張られていますので、パソコン全般に興味のある方は除いてみると、結構マニアックな情報を仕入れることができるでしょう。

そのファルコンさんに色々聞きたいのですが、この私、「分からないことが分からない!」という、それほど触っていないのもあるでしょうが、いや~、良く分からないことばかりで…。


やはり質問する時には、もう少し自分でいじってからのほうが良さそうです。
[PR]
by star_blog | 2011-06-24 22:21 | 日記
携帯換えを検討中。

そろそろ今の携帯に飽きてきた?というよりは、色々試してみたいという気持ちもあり、スマートフォンにしようかと…。

しかし私はその手には無知に等しく、知人にその手に詳しい人がいますので連絡をしました。

まだ機種は決めてはいませんが、実際手に取り触りながらはやり最終的には今後の利用も踏まえ、知人に聞いて決めようかな~と。

本格的にはまだイジれることも出来ないとは思うのですが、メール等面倒なことも多いことも踏まえ、でも「一度は使ってみたい」という衝動のほうが強いのかもしれませんね。



さて内容は変わってボウリングの話ですが、みなさん普段投げているフランチャイズのコンディションはどのような状況でしょうか?

今月の平和島は少し難しく仕上がっています。

会員さんからの評価は

①難しい。
②こういうコンディションのほうが面白い。
③面白くない。

まぁ、さまざまな意見を聞きます。


難しいコンディションというものは、イージーなコンディションにくらべ幅を感じないというのが共通な意見・見解になると思います。

もちろん今月のコンディションは10段階で考えても6~7ぐらいのレベルでしょうか。

このままプロのトーナメントでも使えるようにしています。


私の原則的な考えから、サービス業を中心に考えた時、それほど難しいコンディションは必要ないと思うのでスが、その原則もレベルアップの為だったり、「打てる」という本質を知るためには、ボールをコントロールするという意味を知っていただきたいのも私の考えでもあり、使命だと感じています。

レジャーでボウリングを楽しんでいる方もいらっしゃるでしょう。

またボウリングを競技としてみている方もいるでしょう。

その両方を兼ね備えたコンディションというものは「存在しない」とは言いませんが、共存は難しい。

しかし考え方を変えれば、今月のコンディションは一旦外に置き、イージーなコンディションをメインに考えるのであれば、極端に言えば、レジャー志向の人は幅を感じるイージーな部分を使い点数を出せば良いし、上級者や競技志向の人は打てるラインから外したラインで如何に的確に方向を取れるか?という部分に捉えていただいても良いのではないかと…。

楽しんで投げる度合いとでも言うのでしょうか。

打てて楽しいと考えるのであれば、幅のあるラインを選択すれば良いと思うし、時には打てるラインに入り、打って満足感を得ることも大切でしょう。

要は意識と取り組みだと思うのです。

確かに難しいコンディションは打てるラインの幅も狭いし、「これで正解なのか?」という答えを導き出すことも容易ではないはず。

また気持ちを入れ換えるためのイージーなラインも用意されていないため、「打ってやめる」機会もなく、ただ自分に課したノルマというか、課題をして終わることになるわけです。

でもポジティブに考えると、自分の技量がこれほど反映されるコンディションもない訳で、リリースの感じやちょっとした違いが残りピンとして現れるのは自分の技量を知るためには絶好の機会でもあります。

こういうコンディションが常にというと、フラストレーションが溜まりますが、1ヶ月ほどこういうコンディションで身体の方向やスイングの方向、感覚まで「何かを得ようとする気持ちがあれば」上達するのではないかと思います。


でもこういう考えは自分の気持ちとは裏腹に、意外と理解され難いのも現実。

イジメでもなく、どのような意図であるかをどのように伝えるか。



簡単に難しいだけで終わるのではなく、私たちも一緒に糸口を探りながら成長できる環境つくりへ。
[PR]
by star_blog | 2011-06-22 18:34 | 日記
月曜練習会と撮影

今日は練習会の時間を使い、軌道ビデオの撮影。

ボウリングのイメージはあまり良くはないものの、それを理由に撮影をしないこともできません。

発売のボールと比較対象ボールをだして、いざ撮影開始。

はじめはぎこちなかったものの時間が経つにつれ、そこそこ思うような投球ができるようになり、撮影が終了し投げ直していると、何球かは納得のいく投球ができました。

はやり「撮影しているような雰囲気」のような緊張感を自らに課すこと。

練習という本来の何たるものかを少し実感できたのも、今日の収穫でもありました。


週に一度ではありますが、技術向上のためには自分一人だけの練習ではなく、人見プロや島袋プロ、スタッフと投げる大切さと、雰囲気つくりを感じました。


今日は人見プロと私のダブルスリーグの打ち上げ。

明日は私のリーグの打ち上げ。

二日続けての打ち上げになりますが、少ないゲーム数の中でもどれだけ今の自分を出すことができるか?


今日のリーグは少し楽しみでもあります。
[PR]
by star_blog | 2011-06-20 18:42 | 日記
修正を試みる

今に始まったことではないが、自分の中で気持ちよく投げられる回数が減っている。

まぁ単刀直入に言ってしまえば練習不足なのは分かっているが、昨日自分なりに感覚を追い求めて練習をしました。

私の場合タイミングというか、自分なりにイメージの確認方法として3段階に分けています。

①一歩助走によるポジションの確認と、纏わるリリース感。
②歩幅を細かくし、その中での流れと、リリース感。
③静止状態からリリースまで(通常投球)の全体的なイメージ。

この3つに分けています。

ボウリングは常に動きながらの作業を伴いますので、動いている過程でどの部分に自分にとって「導き出せない」状況を生み出しているのかを確認しなければならないと思っています。

①まず身体の動いている状態を極力なくすために一歩の状態で投げて、フィニッシュ時にあるべき形と位置、その中でのリリース感までを確認します。

この過程で問題がなく、自分の感覚内の良いイメージでボールが離れるようだったら、②のステップへ進みます。

②の助走の歩幅を細かくする理由としては、歩幅が大きいほど体重の移動も大きくなり、細かければ体重の移動も少ない。この動作で問題がでるようであれば、原因は「助走中の身体のあるべき位置とスイングの位置」と判断することができるし、通常のボウリングとあまりかけ離れないイメージで投げられることから、私は調子が悪い時ほど、この②のステップを練習することが多くなります。

③のステップは通常投球であり、②のステップで感覚はあってもこの③のステップでうまく導き出せないことの原因は、静止している状態からの始動と、②のステップの感覚から離れすぎていることが考えられます。

すでに動きている中の流れのままスイングを同調させるものなのか、静止の状態から動力を作らなければならないことは、難しさでは止まっている状態からの動き出しのほうが難しいと理解していただけると思います。

ボウリングの基本として考えられる「スイングに足の動きを合わせる」こと。

しかし方法論からすると逆説の「足の運びにスイングを合わせる」ことのほうがイメージしやすい人もいることは確かだし、一概にはどちらが正しいと結論つけることは難しい。

人それぞれに個性というものが存在するし、基本とされた事柄が当てはまらない方法を駆使して投球するスタイルまでが存在する今、その中で一つのものを定義するのは難しいのですが、多分ボールの重さをスイングに伝達する動作は共通していると思われ、それが前提として考えるならば、「ボールを如何にロスなくスイングできるか?」、「重さに耐えられる(振られない)ポジション取り」というものは必要不可欠であると思われます。

とすると、「如何にスイングをロスしない流れを作らなければならない」ことになり、「歩き辛い原因」であったり、「必要以上にボールに振られる」現象が現れることは、ボールが重過ぎなければ、自分にとっての「ボールを支えられるポジショニング」の問題であったり、衝撃を吸収する膝の使い方等が考えられるでしょう。

大勢のボウラーがいますので、全てに共通して言えることではないのですが、私のような「ごく一般的な投げ方」をするボウラーであるならば、多分①~③のステップを確認することで、どの部分で感覚が違うのかを導きだせるのではないかと思います。


特に②のステップでアプローチを細かくし、歩幅を短くすることで大幅な体重移動を少なくすれば、ブレも少なくすることができるし、それで良いイメージができれば徐々に幅を大きくし、そのイメージに近づけるように投球する。


チョボチョボ歩きのボウリングと通常のボウリングを繰り返すことで、スムースな体重移動とアプローチを得ることに役立つプロセスだと私は考え、実践しています。



それで…。

私が自分の現在のボウリングを考察するに、リリースされる上体の位置が、細かい助走の時と通常の時との差があり、通常の時の方がやや後傾で離すようになっているようです。

ということは、最終ステップに入るときの右足の「タメ」の部分の上体の位置の悪さと考えることができることと、無理にリリースまでを完了させようとするグリップが現状の悪さを出しているのだと判断しました。


この場合はやはり細かい助走を多く練習に取り入れ、その中で右足にかかる体重のイメージと最後の左足がでるイメージを身体にすり込むこと。

そして出来る限り「リリース感」というものに拘らず、ごく自然にでたリリースを徐々に高めていくこと。



やはり練習時間をもっと作らないとね。
[PR]
by star_blog | 2011-06-19 14:15 | 日記
ゴスペラーズと ケルティック・ウーマン
家のCDを整理していて、処分するために車のハードディスクに録音をしにいきました。

そう言えば、気に入ってよく聞いていたゴスペラーズ。

この曲はその中でもお気に入り♪


最近知ったケルティック・ウーマン。

歌は知っていたのですが、グループが分かりませんでした。


まぁ、聞いておくんなまし。
[PR]
by star_blog | 2011-06-17 21:31 | 日記
センターフォーカスドリル第2回目。
第2回目は、ドリルしたサムのピッチの調整です。

今既存のボールのピッチ(ラテラルなし、フォワード・リバードのみ)をそのままCFDにしようとすると、どうしてもサムのリリースが手前過ぎて「こぼれる」現象と闘ってしまう。

単純にフォワード調整したら?という具合に1/8ほど調整を行い、いざアプローチへ。

違和感なく抜ける…。

っていうか、ターンをさせるというイメージよりも、サムの向き固定で離れるのを待つ感じ?っていうのかな~。

ローテーションの向きは固定される感じはするのですが、イメージは悪くない。

ただ離す瞬間、色々な作業はいらないのが本筋だと思うのだが、作業をして調整しようとすると落ち着かない部分が見え隠れする感じ。

多分、今は普通に使っているボールで色々やりすぎなんだろうな~とも感じている今日この頃。

もう少シンプルに離すことが出来たら方向も曲がりも安定するのだろうが…。

いやいや。

こういうボールを作ってみると、考えさせられることが多いな~。


でも少しずつだが見え隠れするものもあり、「サムの抜けの不安」と闘っているボウラーは施工の価値ありそうですよ。


まだサム角をすこしずつ動かしながら、またスタッフを参考にしながらさまざまな骨格とリリースの向き等を現実の角度に入れながら、まずは経験を多くすることですね。
[PR]
by star_blog | 2011-06-17 19:42 | 日記
一仕事終えましたが…。

今日は時間が足りません。

今度ゆっくり更新しますね。

申し訳ございません。
[PR]
by star_blog | 2011-06-15 22:51 | 日記
もうリーグの準備です。

今日はレッスン終了後、ABSボール開発担当者とミーティング。

震災等さまざまな理由もありまして、平和島で会うのは3ヶ月ぶりでした。


これから発売されるボールの予定や、今まで送られてきたボールのパフォーマンスの確認。

会ったのが久しぶりだったので確認することが多く、ミーティングが終わった時にはリーグの準備する時間が迫っていました。

軽く夕食を摂り、これから早めのアップに入ります。


短いですが、今日はこの辺で。



そうそう明後日は健康診断で、朝早くから上大岡まで行ってきます。

昨年は再検査でしたが、今年は…。


また明日です。
[PR]
by star_blog | 2011-06-14 19:35 | 日記


平和島スターボウルのスタッフブログ
by star_blog
カテゴリ
日記
アドバイス
以前の記事
2017年 07月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
チモトコーヒー。過去にプ..
from 脳挫傷による見えない障害と闘..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
☆7月のプロショップ情報☆
at 2017-07-09 21:50
☆告知☆
at 2017-05-18 17:18
ゴールデンウィーク開催トーナ..
at 2017-04-29 14:53
☆契約記念バーゲン☆
at 2017-04-15 19:17
~2月のプロショップ情報~
at 2017-02-16 17:54
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧